ミニマリストが手放した家事7選!1日2時間家事が減る方法

時短術

みなさんは、家事をやっていたらあっという間に時間が過ぎて一日が終わってしまう、自分の時間がまったくないということはありませんか。

東京都の調査によると、未就学児を持つ子育て世代女性の1日の平均家事時間は2時間38分だそうです。1週間にすると約18時間になります。

つまり、子育て世代の女性は、1週間のうちほぼ1日の活動時間を家事に充てている計算になります。

一方で、私の家事時間を実際に計算してみたところ、1日あたり43分でした。

比較すると、1日約2時間も家事時間を減らせています。

特に子育てママで、1日2時間の余裕を生み出したい!少しでも家事時間を減らしたい!という方は、こちらの記事をぜひご覧いただけたらと思います。

私が手放した家事

手の込んだ料理

私は、夜ごはん作る回数を減らしたり、朝ごはん昼ごはんはメニューを固定化するなどの工夫をしています。

夜ごはんを作るのは週4回で、かかる時間は日曜60分、火曜20分、木曜20分、土曜40分くらい。平均すると1日20分弱しかかかっていないことになります。

平日に関しては、主菜は2日間同じもので、なくなったらまた2日分作るサイクルにしています。汁物は毎日同じものを食べ、副菜はなくてもOK。

平日夜ごはんは主菜、汁物、ごはんで完成するときも多いです

我が家の料理の時短で工夫していることの詳細は、こちらの動画でお話ししています。

料理の支度は掃除と並んで時間がかかる家事の一つなので、時短の工夫ができれば最も時間を生み出せると思います。

調味料詰め替え

調味料すべて、新しく買うたびに同じ形のきれいな容器に詰め替える方もいらっしゃるかもしれませんが、私は見た目よりも時短重視。

調味料容器は、市販のものをそのまま使用。消費が早いものは、ラベルをはがしたりもしません

詰め替えるときに容器を洗う手間と、その時間がもったいないと感じるのでやりません。

ふきんの洗浄、消毒

我が家は、台ふきん、食器置き用ふきん、食器ふきをペーパータオルで統一しています。

前までは、それぞれ布のふきんを使っていましたが、毎晩の洗浄消毒の手間と時間を減らしたかったので昨年からペーパータオルにしました。

衛生面を考えても、毎回使い捨てられるペーパータオルの方がよいなと思っています。

皿洗い

食洗機を使っているので、食事で使った後のお皿をその中に並べるだけ。予備洗いもほとんどやっていません。

毎食後、少ない食器量でも回すようにしています

お皿を食洗器に入れるのは1回2,3分くらいなので、3食分で1日約9分かかっています。

掃除機がけ

我が家の場合は、ルンバが通りやすいように大きい家具類を上の方に置き、アプリを稼働するだけです。

ダイニングチェアをテーブルの上に載せ、アプリのボタンを押すだけで、掃除が完了

寝室など含めた全部屋で、家具を上げる作業は1回5分もかかっていません。ルンバをかけるのは週2回なので週10分、1日あたりにすると、2分弱の計算になります。

洗濯物周りのこと

洗濯物を干す、ハンバーにかける、きれいにたたむことをやっていません。

毎晩乾燥までかけ、翌朝洗面所収納に軽くたたんで入れるだけにしています。たたむ作業は1日約5分です。

こちらの洗濯機は、洗剤の自動投入機能も付いているので、毎回洗剤を量って入れる手間も省けています

アイロンがけ

アイロンを持っていた時も、アイロンがけは年1,2回とほとんどやっていなかったので、アイロンは手放しました。

我が家において、乾燥する時シワになって困るものは、夫がたまに出勤する時のワイシャツくらいです。乾燥までかけても問題ないよう、形状記憶のシャツを購入しています。

ほかの洗濯物と一緒に乾燥までかけられます

以上7点が、私が手放した家事でした。

私がやっている家事

買い物

週一度行っていますが、50分くらいかけているので、1日あたり約7分になります。

以前まではネットスーパーを利用しており、買い物に行く手間と時間がなくなってかなり良かったのですが、条件が合わなくなって今はやめてしまいました。

また使いやすくなったら再開して、買い物時間もゼロにしたいと思っています。

ゴミ捨て

我が家は3LDKなのですが、ごみ箱はキッチンにあるもの一つだけです。そのため、各部屋のごみを集める必要がありません。

また、24時間ゴミ出しOKなマンションなので、ゴミ袋がいっぱいになったら夫か私が出かけるついでに出すようにしています。

したがって、ゴミ出しだけのためにかけている時間はありません。

家事を手放し時短の工夫で、2時間の余裕を

以上で挙げた家事時間を合計すると、私のやっている家事は一日あたり43分になります。

冒頭でも述べたとおり、一般的な子育て世代の女性が家事にかけている時間は2時間38分だったので、その差は約2時間。

私は、ものだけでなく自分にとって重要でない時間も減らして、自分時間や子供との時間を増やしたいと常に考えています。

そして、実際に、

・家事を手放すこと
・やらなければいけない家事は時短家電に頼ること

など工夫することで、結果として2時間も自由時間に充てられていることがわかりました。

今回の記事の内容を動画でお話ししています。

少しでも参考になる点がありましたらうれしいです。

次回も、モノや家事を最低限にし、自由に使える時間を最大化するコツを発信していきますのでよろしくお願いします!

家事時間に関しての引用▶東京都/令和3年度男性の家事・育児参画状況実態調査(東京都公式HPより)

男性の家事・育児参画状況実態調査(速報)|東京都
この度、「令和3年度男性の家事・育児参画状況実態調査」(令和3年6月実施)の速報版をまとめましたので、お知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました